DTP・画像処理部門

 わが社は、大日本スクリーン製造(DS)製Truefrowシステムを中核として、大容量ディスクアレイサーバーによる高速編集システムを構築しており、DTP製版専業会社としては、国内ではトップクラスの設備を保有しております。特に大容量のハードディスクによる画像サーバー並びにバックアップシステムは同業他社には例をみないものと自負しております。

 入力スキャナは、ドラムタイプとしてSG-8060Mark2(DS製)、また平面型としてGenaScan5500(DS製)を使用し、フィルム出力用のCTPはPT-R8800、フィルムセッターはDT-R6120(共にDS製)を使用、またDDCPとしてDigital Konsensus Premium(コニカミノルタ製)がフル稼動しております。
また画像処理および編集用Macintoshとして最新機種を中心にWindowsも含めて約60台が稼動ししています。

 これらの機器は、当社の特徴である高品質で安定した校正刷りとのカラーマッチングをはかっており、常時管理されております。
 一方、東京支社にも本社と同等の設備を設置しており、各拠点間を、高速デジタル通信回線で結び、全社ネットワーク化をはかるとともに、24時間の稼動体制を確立しております。

DTP・画像処理部門イメージ

▶よくあるご質問はこちら